お庭のハーブを利用したタッジーマッジー(ハーブの花束)を作っています

お庭のハーブや花たちがグングン成長してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネペタ(キャントミント)、レディースマントル、アキレア、オレガノ、ラムズイヤー、ラベンダーなど

晴れの日に少しずつ摘んでドライ作業をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このハーブや花と仕入れた花も少し追加してタッジーマッジーを作っています。

「タッジーマッジー」は、ハーブや香りのある花で作った小さなブーケ。

ハーブ独自の香りで虫を寄せ付けなかったり抗菌作用があることから中世ヨーロッパでは悪魔や伝染病などから身を守るために持ち歩いたと言われているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

IZURUではラベンダーやユーカリを使用した作品が多く、これまでの作品も香りのある花束になっていますが

もう少しラフに、お庭からハーブを摘んで飾ったようなカジュアルで、作りすぎていない花束を・・と考え試作をしていました。

色が綺麗に残らずドライに向かないハーブや、ドライになってもポロポロと葉が崩れやすいものは避けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの小さなミニブーケに仕上がっています。

 

お庭を凝縮したような香りのブーケ、ドアノブなどに気軽にさげたりするのも良いかも。なんて思っています。

私はこの紫色のキャットミントの葉と花の香りが大好きで、作業の合間に庭に出て香りを嗅いでリフレッシュしています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものラベンダーポプリに、このキャットミントの葉と花をブレンドしたポプリもそろそろ仕上がります。

青みのある香りがプラスされた夏の香り、こちらもご紹介出来たらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週末には販売出来るように準備中ですので、またお知らせいたしますね。

**************************************

instagram

twitter

**************************************

IZURUショップはこちら

minneはこちら

creemaはこちら

**************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です